FC2ブログ

夏こそ人生デラックス!

(信長の野望online~破天の章~覇王伝サーバー参戦記録)

全然デラックスじゃないですが…。
忙しい中、とりあえずあまりに疲れているので帰宅…そしてなにもしないのもなんなので
2週間ぶりにログイン。

伊賀郷、朝4時、プレイヤーはだれもいません。

それもそのはず、今はカウンター発生により大津合戦が起きていて浅井家と戦中。
相手は浅井家、雑賀衆連合軍VS伊賀忍衆というハードな合戦。
味方同盟国は三好家とまた合戦中ですから、ここは耐え時…なんとか
全ての陣で引き分けを取れている様子が公式HPでわかります。

なので、まったくログインできてないけれど戦場にくらい行くか!と
合戦私設に入ると、極少人数ながらいました。ぎりぎり武将に行けるか?という人数です。
そりゃそうですよ、翌日の仕事を考えたら寝る時間です。
あれ?翌日は日曜なんですけどねぇ…。
右中陣副将弓削に行くかという話をしているところでした。

「やっと戦場に着いた!私が来たからにはなんの役にもたたないぞ!」

私設に響いた私の台詞には即反応が。

「いいえ、役に立ちます。」

そのあとは%MP表示で現在地が…

え?他に敵軍PCいないなら囮もいらないんでは?…と聞けば

「党員です。」

あのー…仕事なんですが…しかも眠いですよ…
しかしそんなことは関係ありません。
たどり着いたらそこがスタート、さっそく徒党に拉致されまして、武将戦ですよ。

過酷!この国過酷!!

そのまま副将弓削戦、弓削は問題も無くさくっと。ところが大将新庄との差が激しい激しい。
いきなり新庄に敗退してしまいました…。
中陣ではそうとうつよいほうだと思えますね新庄…それに、囮装備しかない私が
武将徒党にいるってんだからそりゃ楽ではないですよ。
ここで寝る方とお別れ。しかし「寝るか!」という流れではありません…。

諦めるわけには行かないので再戦。再構成、2アカ出動の方もいまして
再び新庄へ。

相変わらず暴れるとハードな新庄…武将強化の恩恵を色濃く受けている中陣武将ですねぇ…。
アタッカーの死亡などもありましたがなんとか撃破。
ここでまた落ちる方がいまして、さすがに人も少なく。
とはいえ寝ていいですか的流れでもないので、浅井家小荷駄の売り子だけでもやるかと
再び再構成、2アカ2名となりキャラ数的にはギリギリで挑戦。
しかしこちらは強化されていないのでなんともあっさり撃破。

2週ぶりにログインして、ちょっと回り見て、寝て仕事いこうと思ってたら
武将2戦と小荷駄1戦となりました。

装備があるなしどころではないですね(笑)
覇王伊賀、ログインしたら強制的に「武将行くぞ!」ですか( ̄▽ ̄;

過酷です!(笑)

2国相手だから戦況も過酷なんですけどね(^^;

稲荷面文責(yume)般若

信長の野望Online ~破天の章~ 信長の野望Online ~破天の章~
PlayStation2 (2006/12/13)
コーエー

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト



ドゥッチョラシエナーハー

はいどうもこんばんは、「深く静かに動きは早く」ですー。
タイトルは例のアレの最新作からですよー。
つい最近これをみてはまった人が私の周りには沢山いますよ。




さて、舞台「メモリーズ2」公式ブログにて、三上真史さんの記事が
続きましたね!
ここくらいしか三上真史さんの情報が拾えなかったりするので近況がわかるのは
ありがたい話ですねぇ。
20日21日と、連続でした^^
20日はラジオ収録、以前記事にしました映画「GROW~愚郎」の公開にあわせて
監督のラジオにゲスト出演してきたということだそうです。
放送局は78.4Mhz、渋谷FMにて。
放送日時は、8月17日・24日、9月14日 AM10:30~10:58放送の
「榊英雄のHAVE SOME FAN」という番組だそうです。
いやー、私のデスクでは入りませんわ(苦笑)
残念ながら東京にいても聴けませんねぇ…orz
翌日の記事はボーリング。カーブをかけることに命をかけるプレイスタイルって、
腕力に物を言わせてますか(笑)
私は手首が腱鞘炎もちですからそんなことはできませんねぇ…大体ボーリングやったら
仕事にならなくなっちゃいますからねぇ( ̄▽ ̄;
ボーリングで遊べるのは羨ましい限りです。
不思議と稽古の話がないのも三上真史さんらしいのだろうか?(笑)
他の方の記事だと台本の話とかでてくるんですけどねぇ。




さて本日の気になるニュースから。


日テレ、避難所に“隠しマイク” 地震取材の系列局スタッフ

いい加減にマナーと誠意と節度のあるマスメディアにならないかい?
こうも連続してマスコミのマナーの悪さややらせだのと続くと、どこの局も信用なくなるぞ(--;
盗聴だの隠しマイクだの、いろいろと問題になったら厳重注意で終らせないで
もうスタッフの責任は局全体の責任として連帯責任で厳罰下してもいいのではないだろうか?
報道というものの重要性と信憑性、民間からの信頼度というものがわかってない気がするよ…。
視聴率というものを採りに行くためになにしてもいいというわけではないことを
もっと的確にわからせる必要がある時期に来ているのではないですかねぇ。




                        文責:K それみりょく!

轟轟戦隊ボウケンジャー VOL.11 轟轟戦隊ボウケンジャー VOL.11
特撮(映像)、高橋光臣 他 (2007/06/21)
東映ビデオ

この商品の詳細を見る

轟轟戦隊ボウケンジャー VOL.8 轟轟戦隊ボウケンジャー VOL.8
特撮(映像)、高橋光臣 他 (2007/03/21)
東映ビデオ

この商品の詳細を見る

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

K

Author:K
雑記ブログの管理人。
ゲーム、アニメや映画と
演劇、時事ニュース、
らくがき等など雑多な中から
気になったものを並べて
いきます。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索