FC2ブログ

小堺君のおすましでSHOW25 

はいどうもこんばんは、「深く静かに動きは早く」ですー。

今日はね、小堺君のおすましでSHOWを観てきたんですよ。


ジャンル的にはお笑いになるのだろうけど、一幕が85分のお芝居(コント)、十五分の休憩の

後に二幕が歌とトークで80分という構成なので舞台というくくりにしてみました。


★小堺君のおすましでSHOW25

25年も続くこの舞台、自分が見始めてからすでに12年以上となりますが、いままでやっていた

シアターアプルが閉館し、今年は東京グローブ座での公演となりました。

アプルじゃないから今までのような演出や構成はないだろうなー…と思っていたけど、

たしかに同じではないけれどやはり期待は裏切らないつくりで楽しませてくれました( ̄▽ ̄)

まだこの後もつづくので中身に対するネタバレはせずにおきます。


今までは引っ張りに引っ張ってやっていたテンドンのネタも時間という束縛により3時間に

納めなければいけない、今回は遅れられないということで詰めに詰めこみ、切るところは切って

という感じで、昨年まであったネタの中で無くなったものもありましたね。

でも、そこはやはり小堺さん、出演者の松尾さん、伽代子さん、あさりどのお2人、ダンサーの

お2人との絶妙な掛け合いというのがほんとに夏の疲れを吹き飛ばすほどの大笑いをくれました。

一幕の85分だけでここ数ヶ月の笑った量より多かったんじゃないかというくらい笑いましたよ。

腹筋が痛くなるくらいに…笑いすぎておなかが減る減る(苦笑)

二幕は軽妙なトークと歌、そしてタップと存分に。

何度見ても飽きない、ベタネタでもマンネリというほどベタじゃない、とても心地よい時間でした。

見たことがある方はわかる、一幕と二幕の間の小堺さんと松尾さんの登場時のアレ…アレが

劇場がかわってどうなったのか…も今年は楽しみの一つとなると思います。


新大久保の住宅地の真ん中の劇場という、ちょっと周りが静かなところなだけにある意味

不思議な場違い感も、これからはいい味になっていくのかな?( ̄▽ ̄)

毎年恒例のこの観劇、これだけはやめられない夏の風物詩でした♪


見たこと無い方、7000円のチケット代は確実に元が取れるとても楽しい舞台です。

お勧めですよ!


文責:K

コサキンコント劇場(5) 肉とカレーコサキンコント劇場(5) 肉とカレー
(2009/09/30)
関根勤 小堺一機小堺一機

商品詳細を見る

コサキンコント劇場(4) 太ももと昆虫コサキンコント劇場(4) 太ももと昆虫
(2009/06/24)
関根勤 小堺一機小堺一機

商品詳細を見る
スポンサーサイト



都内探訪?「稲荷鬼王神社」

はいどうもこんばんは、「深く静かに動きは早く」ですー。


今日は東新宿に行く用事がありまして、抜弁天通りを通っていたら稲荷鬼王神社というのが

ありまして、不勉強ながらこんなところに(失敬な…)神社があるとは知らなかったので

参拝してきました。


発見したことに浮かれてたので、写真はすっかり撮り忘れてしまいちょっと失敗(^^;

しかも寺社仏閣巡りが結構好きなためにわくわくで入ってしまい、すっかり鳥居の前で

一礼するの忘れました…ご祭神の宇賀能御魂命様、月夜見命様、大物主命様、天手力男命様

大変失礼いたしましたm(_ _)m


鬼の王、鬼王という名のつく神社は全国でもここだけ、ということで、稲荷と鬼王としかも境内には

三島神社も浅間神社もあると、なにやら歴史上でずいぶんと奉られたり合祀したりとあったようで

立て看板の来歴をしばし読みふけってしまいました。

熊野の鬼王権現を勧請したことが名前の由来だそうですがその当の熊野に鬼王権現がすでに

存在しないため、全国でここだけということになってるそうな。

狛犬、かえる石、水琴窟などなにやらいろいろなものがありまして、それほど大きくはない

お社なのですがかなり興味深い神社です。


鬼王の名のとおり、ここでは節分のときは「福は内、鬼は内」というそうです。鬼は春の神と

いう意味だそうで、春よ来い、ということをあらわすのだとか。

寺社の来歴とかは読むととてもためになる話や不思議な縁、由来かあって面白いですねぇ。

後ほど知りましたが運気やツキを授かれる神社として有名なのだとか。


ただ読むだけではもったいない…と稲荷鬼王神社、三島神社と参拝してしっかりと

お願い事もしてきちゃいました( ̄▽ ̄;

二礼二拍一礼(拍手は右手をずらすあれですね。)ののち、払えたまえ清めたまえかむながら

守りたまえさきわえたまえ…ととなえるのはある神社ですが、わからないときは

「大神様にまますのこ開運がありますように」、と神様のことをまず祈るため三回唱えた後、

名前と生年月日で自分のことを知ってもらい、それからお願い事、最後にまた三回唱えて…と

いうのであってるのかな?!そのあたりは私は保証できないので各自ご確認ください(苦笑)


と、そんなことをながなかやったあと、御神札やお守り、七福神などを社務所の張り紙も

隅々まで読んだりして、でも御札とかは後だな…とまだ参拝していな富士をかたどった

浅間神社の社のほうになにかあるのか見に行こうと裏門の方へ歩きだしたら


「もし!」


となんとも古風な呼び声が。


なんと、ながながといろいろ見ていたため、社務所の方が気にかけてくださいまして

ご祭神や特殊建造物の来歴などか記されている紙を持ってきてくれました。

なにやらお腰を痛めてしまっているご様子で大変そうなのにこんなお気楽な都内勤務のくせに

観光気分の輩に気を配っていただきましてほんともうありがたいやら申し訳ないやら…(^^;

おかげで少しお社についてお話も聞けまして、浅間神社にも参拝して社務所に行き、お守りを

買い求めさせていただきました^^

もっと事細かに縁起やら書かれているのですが、これだけいろんなものがこじんまりとした

たたずまいの社にあるというのはすごいと思います。今月の18日が大祭とのことで、

鬼面が彫られた宮神輿という全国でも珍しいものが見られるようです。


お時間がある方はちよっと新宿区歌舞伎町二丁目十七番五号の稲荷鬼王神社に詣でてみては

いかがでしょうか^^


文責:K

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

K

Author:K
雑記ブログの管理人。
ゲーム、アニメや映画と
演劇、時事ニュース、
らくがき等など雑多な中から
気になったものを並べて
いきます。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索