FC2ブログ

己の甘さについて考える~緊急時の思考と自己の弱さ~

はいどうもこんばんは、「深く静かに動きは早く」ですー。

今日はね、心情吐露以外の何者でもありませんよ。


◆自分のことは耐えられる。でも…

昨年、自分の命を救うために手術いたしまして、現在無事に回復に至っています。

気にかけてくれて、検査を受けようと思わせてくれた人がいたおかげでした。

自分は命を拾った、大事に生きよう!と思った矢先、母が怪我をしました。

家の前の土手で折れた枝を片付けたり草むしりなどしようと「ちょっと」の気持ちで

サンダル履きでのぼり、躓いて落下してしまい両足に骨折をしてしまった。

ここまではまだ、怪我だからという意識だけでした。

見舞いに行って骨の状態を聞いて、整復手術がいることがわかりそれを待つ。

無事手術が終わり、骨の状態次第で後遺症はあるだろうというのは覚悟していましたが、

まさかの別件で、母は薬の影響か再び病に倒れてしまいました。

骨折のリハビリだけでも2ヶ月はかかるだろうから…というところから、命の危機にまで

転換してしまった……。

自分の命は覚悟を決めるのは早かった。

担当医に説明されて、ショックよりも治さなきゃという気持ちの方が強かった。

だけど、母のこととなるとだめですね、人はこんなにも脆いのかと。

悔しくて、まだまだ孝行も恩返しも出来ていないのに…どうして母ばかりが…と、

涙が止まらなかった。

今現在、母は再び手術台で己の命を繋ぐ戦いをしています。

私は母の帰還を切実に祈るしか出来ません。

どうか無事手術を終えて、あの笑顔が見られますように。


待ってるよ、たくさん話したいことがあるから。


文責:K
スポンサーサイト



カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

K

Author:K
雑記ブログの管理人。
ゲーム、アニメや映画と
演劇、時事ニュース、
らくがき等など雑多な中から
気になったものを並べて
いきます。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索