FC2ブログ

現在の投票率について。~若い人の政治への距離感、こう考えたら投票に意味が見出せるかも~

はいどうもこんにちは、深く静かに動きは早くですー。

参議院選挙が終わりましたね。
投票率は相変わらずの伸び率でした。

ここで疑問。
若者の政治離れ的な発言や投票に行こう、行くべきだ、
せっかくの権利を…というのも理解できるのですが

これ、若い人にとってはピンと来ない以前に
どうしてそこまで言われないといけないの?とか
もっとほかに楽しいことだけしていたい、という
本能的な衝動での脊髄反射的に毛嫌い感があるのでは
ないかと思えるのですよね。

いっても何も変わらない
誰に入れても変わらない

こういう感覚が標準になっているんじゃないかと。
さらにいえば授業で習う社会科の政治や参政権の話は
さらっと触れるだけ程度で、自分たちの生活に本当は深く関わっていると
いう事実にわざと触れてないんじゃないかと思えるレベルです。

投票しても変わらない

大きく違わないけど事実は違いますよね。
投票結果や選ばれた候補者は変わらないかもしれない。
でも、誰が投票したかという記録は残り、世代としての政治の関心は
数字で残る。
自分たちは選んでない、なんていうガチャみたいなものに
自分たちの生活や未来を託すことが本当にいいのかどうかと
いうことを説明する人も機会もなければ、
深く理解してない人に難しい話からしても政治と聞くだけで
遠い話と思うのが関の山なんだと感じます。
本当は自分たちの生活やいつもどおりの日常の維持に
どれだけ関わっているか、自分たちのことなんだと実感する機会を
得られるのがこれから。
選挙が終わって、ここからが本当の見どころです。

ガチャだろうが何だろうが、政治というフィールドに
候補者が政治家へと変化して降り立ちます。

カードゲームのように移り変わると考えてみたらどうでしょう?

選んだ政治家という名のカードがどう働くか
大きな活躍を個人がいきなりするかどうかは
まったくの未知数、
だけど軍勢として、与党や野党という勢力図により
たとえば消費税、上がるのか据え置かれるのかの攻防、
結果が出たら自分たちの生活にどう変化が起きるかを
体感するチャンスです。

税率があがり、8%から10%になったとします。
1000円の買い物に行って、手持ちのお金1080円で買えたものが
1100円になります。
足りなくて買えなくなったらどうでしょう?
それを日々積み重ねるだけというと感覚は麻痺するかもしれない。
では大きなものは?
100万のものは108万だったのが110万になる。
買えるか買えないかだけでも結構な変化です。
収入が増えていれば対応できることも、収入はかわらず出費が増えれば
買うのをためらったり、欲しくても買えなくなったりと
結果がかわってきます。
買わない、が主流になれば経済効果は停滞する。
景気は悪くなっていったりする。
それに納得ができるかできないかだけでも、投票の結果を追うにはいい参考です。
どれが正解かじゃなくて、自分にとってそれはいいことか?
のちのちの社会が良くなるから今はこれでいい、という気持ちになるか?
そういう感じ方だっていいんです。

では税金の使い道に関してはどうか?
最初に何に使うと言っていたか?結果なににつぎ込まれたのか?
そしてその税金の使い道で生活はよくなったか?悪くなったか?
景気はよくなったか?たとえば仕事ができるようになったひとにとっては
手取りが増えたりしているか?
その変化を追って行って、好転してなかったらその政治家を応援していていいのかどうか
その政党を応援していいのかどうかを考え直す機会になります。
保険や医療費は?
年金は維持できるの?今のお年寄りを支えるための年金であって
自分たちの年金を今収めているわけではないわけで、
自分たちが歳を取った時に子供、若者の数は?
支払う側が少なければ年金システムの破たんはある?
現在の年金の額を親や祖父母に聞いてみたら
驚くのではないでしょうか。
それだけ?となるかもしれないですし、自分たちの時はさらに
下がる、なくなる可能性もある。
ではその対策を政治家はどうとらえているか、対案や
良い方策、政策を提示するか、改善案や事態を好転する方法を
とろうとするか、そこをちょっと気にしてみると
選んだ政治家、選ばれた政治家、その人が所属する党を
応援できるかどうかがわかります。
応援できないとおもったら次の選挙が楽しみになります。

このままではやばいなら、違うところを応援しないといけないのでは?
どこを応援したら、誰が自分の生活を直接良くする形の政策を
提案しようとしているか、公約を掲げているか、
過去失策をしていないか、そういうのが気になるようになります。

実害があれば気になるのです。
実害が当たり前になってしまい、その状態を「投票しても変わらない」で
甘んじて受ける、諦めることがそのあと生きていきやすいかどうかを
再度考える機会になります。
あきらめて「つらいつらい」といいながら何もしないか、
つらいからつらくないように変えられる人はいないかな?
同じように考えてる人はいないかな?
そこを問題視してる候補者や政党はないかな?と
次の選挙こそ大事だと思うようになるかは
選挙後のここからが見どころになるのです。

ある意味選挙は予告編です。

今後という本編をしっかりみて、楽しいか楽しくないか
判断して、次回作は確定しているわけですから
今作が良いか良くないか判断し、次回作という次の選挙では
どういうキャスティングをするのがいいかを
全て追いかけなくてもいいから
自分が気になるところを見ていければ
選挙にいくことが自分の生活そのものに影響があることを
実感する機会にかわっていくと思います。

そうやって追いかけると、難しい話はわからなくても
永田町劇場が興味深くなっていくのではないかな。

ここからの議員の活躍を追いかけてみましょう^^

文責:K

スポンサーサイト



昨今の日韓問題を個別にわかりやすく考えてみる。

はいどうもこんにちは、深く静かに動きは早くですー。

今日は、昨今の日韓のニュースに関して、どうして国内新聞…というか
まるで日本の新聞というより売国新聞という新聞社数社ですが、
「矛盾かある」とか物事を理解できてない立場で質問してるのかを
考察してみたいと思います。

今起きている外交問題と貿易問題。

●外交問題
元募集工に対して徴用工とうたい、韓国の大法院判決が
出した賠償判決が1965年の日韓合意(国際法)に違反となる状態で
外交問題として発展、韓国側の国際法違反状態を是正した形で
元募集工問題は韓国内の問題だから韓国内でかいけつすべき、と提示、
韓国側のとにかく金よこせという提案は飲めないと拒否、日韓合意の内容に基づき
仲裁委員会を設置、第三者を含めての調停を提案。
第三者が絡むと国際法違反を問われるのでそれを拒む韓国がごねている状態。

韓国側の提案ででてきた1+1や1+1+アルファは
韓国内企業と日本企業、またはさらにプラスアルファで
資金を供出して元募集工への賠償にあてるというもの。
慰安婦財団と同様の形での提案だが、韓国はすでに
その日韓合意のもと作られた財団をなんの連絡もなく勝手に解散している。
この状態で納得して金を出せ、というのが韓国の主張。

●貿易問題
経産省側から問題定義されたもので、
韓国に輸出されていた品目で文大統領政権下に突如輸出量が
急増した高濃度フッ化水素、レジスト、フッ化ポリイミドの行方、最終仕様目的と
地点が不明なものがでていて、しかも輸出優遇(ホワイト国)認定の間でも
その行方に関しては会合にて報告義務があったのだがそれすら
無視して報告せずにいたため、その使用用途や輸出先の軍事転用の懸念があるため、
日本がその悪用に万が一加担させられることのないよう、仕様先を明確にできないのであれば
信用して輸出はできない。当然輸出優遇できる状態ではない、とし
ホワイト国認定から削除し、貿易相手国の信用度の段階分けを
いろはにほへとち、の8段階から追加し「り」地域として韓国を
最も警戒が必要な国と認識し、優遇から通常の交易状態へと戻す、というのが
今回輸出規制と呼ばれているものの本質。
この優遇措置というのは日本側からの設定事項であり、
他国と協議して決めるたぐいのものではないので、行方不明の軍事転用可能物質が
ある以上信用しての貿易は出来ないという経産省の提示は至極正論である。
本来まだ規制ではなく優遇撤廃なだけで中国や台湾と同様、韓国としても
2003年までの状態に戻るだけというのがシステム上の状態。
手続きは輸出企業、輸入企業ともに書類や聞き取りの手続きを個別に
行うことになるため、それにかかる時間に関しては90日という目算がでているが
輸出品が行方不明になっていた期間と同様の過去三年間の輸出入履歴を
明記して、軍事転用ではなく民生用とわかればすみやかに輸出する、と
されているのが現在の状況の模様。

以上が現状把握できる内容。

★争点はここ。
これに困るといっている韓国側の意見は外交と絡めての
政治的規制だといっているわけだが、実務手続きをしっかりやって
過去三年間の行方不明品の行き先と使用目的を明示し、
それが軍事転用や横流しされていないことを証明すれば
信用を無くすこともなかったし、
今からもそれを証明できればすみやかに対処するという意見も
てでいることを考えると、なぜやらないのか?できないのか?

証明して行方不明品が国連の対北朝鮮経済制裁や
それと同様に紛争地への軍事転用に使われていたとなると
韓国は国連決議違反として制裁される側に入るから言えない、との
予測がされているから、韓国からはしたくてもできないので
問題をすり替えてごねてとにかく言う事をきけ、と
自由貿易に抵触するという部分だけの論争にしたいというのが
大方の予想。

◆どうすればいいか?

事実上の経済制裁、という言葉がてできますが、
事実に問題がなければ制裁にすら値しないもののことを
議論するのはおかしい話。
韓国は「日本より厳しくちゃんとやっている」という意味のことを
言っているわけですから、厳しくしっかり手続きを
できるはずですよね。

自体は明白ですから、外交問題は外交問題として
仲裁委員会で第三者をたててそこで解決すればいい。

貿易問題は貿易問題として別件なのだから
別件としてしっかり韓国に行方不明品の行き先を明示するか、
手続き書類をしっかり揃えて普通に輸入してもらい、
日本を悪事に加担しないようにしていただければ
経産省側も対応してくれることでしょう。


どうして新聞社はこれを同時におこったから同時に
考えなきゃいけない、と勝手に矛盾を感じているのかが
わからない。

別問題なのだから別で対処していけばいいのです。
制裁ですか?と絡めて考えるからおかしくなるのです。

制裁は現時点で「まだ」です。

日本はまだ制裁という選択肢をまだとっていないので、
行われるなら「これから」です。

ここまでに行われたのは国交と貿易に関しての
問題点に対しての事務的対応です。
問題があれば対処する。国益を損なうおそれがある状況を
そのままにしないのは当たり前の対応です。

外交における制裁は外交面で行うでしょう。
経済制裁も、やるのならこれから河野外務大臣が
発表するでしょうし。
制裁でないものを制裁だと言い張るより、
個別にしっかり対処していくほうが賢明だと思われます。

制裁的意味合いを持つか持たないかということは
議論にすら値しません。
明確に別件として処理できるからです。
外交問題は仲裁委員会をさっさと開けばいいのですし、
経産省のホワイト国排除と輸入手続きの
通常化を明確に履行すればいいのです。
厳格化ではありません、通常化して不明だった部分を
明確にするだけです。
貿易問題の方は国内は事務手続きだけです。
問題とれさているのは国内のことではありません。
協議が必要な性質のものではないのです。
協議か必要なのは外交問題の仲裁委員会だけです。
一刻も早く仲裁委員会を開いてそれでも国際法違反を是正しないなら
制裁発動すればいいのです。

どこかに問題がありますか?


☆夏の万能アイテム、Tシャツレビュー2019☆その2

はいどうもこんにちは、深く静かに動きは早くですー。


今日はTシャツレビュー第二弾です。

今回選んだのはユナイテッドアローズ2点とナノユニバース別注T1点です。

夏のオンオフ問わずに活躍するものといえばシンプルなTシャツや半袖ニット等の
ジャケットに合わせやすいアイテム。
前回は自分が使いやすいもの、使いたかったものを選んでみましたが
今回は利便性の高いもの、ワンポイントで崩しすぎず固くなりすぎずで
使い勝手の良さそうなアイテムをチョイス。
テーマはワンポイント、胸ポケットTです。
画像などは後程アップできたら加筆いたします。


●Let it Ride 別注クルーネックTシャツSS

Let it Ride別注のTシャツ、胸元のポケット上に刺繍でのロゴが入り、背面下部にも文字が入ります。
シンプルだけどアクセントがあって、カジュアルだけでなくラフなスタイルがOKなオンなら
合わせやすいレベルの一品。
黒は文字も黒系なので渋く映える感じです。
生地はしっかりしてて透け感はほぼなく、柔らかさはユナイテッドアローズの
Tシャツと同等くらい。柔らかすぎず固すぎずで綺麗な風合いです。
やや緩めに着る方がスタイル的にはよさそうですが、ビッグシルエットではなく
キレイ目な感じです。
個人的採点では80点。コストパフォーマンス面以外はばっちり。活躍してくれそうです。


●SC ヘビーウェイト クルー 半袖 Tシャツ
20190703032500692.jpg


ユナイテッドアローズグリーンレーベルでコスパの良さが前に紹介したものより
あるかな?というのがこれ、ヘビーウェイトクルーネック。
生地はもちろん前回紹介のものより厚くしっかりしています。
かといって着心地は悪いわけではなく重たいわけでもありません。
肩回りのゆとりは普通。堅苦しくはないけどキレイ目な感じ。
シルエットも含めてややタイト気味、シャツやジャケットにあわせても
使いやすいです。耐久度はテーパードヘムクルーよりは高めかな。
こちらもコスパの良いアイテムだと思います。
カラーに関しては使い勝手の良いものが揃っていますが
今回は白を選びました。
個人的な採点としては85点。ランニングコストとしては及第点ですよね!

●CM オーガニック クリア クルー SS 半袖 Tシャツ
DSC_0007.jpg

上記のヘビーと同じくユナイテッドアローズのオーガニッククリアクルー。
こちらを選んだのは前2つになかったグレーのTシャツを選んだため。
こちらもゆったりはしているもののシルエットはやや細身、キレイ目なTシャツです。
手触りはなめらかでしっかり目の生地、柔らかさは中間という感じで
着心地は良いですが肩回りはフリーというほどではなくかっちり。
どのポケットTにも言えますが、生地感のおかげでポケットもだれることなく
しっかりしててサングラスを入れたり等ジャケットを脱いだ時も便利です。
さらりとしたTシャツなので1枚でもジャケットやシャツ合わせでも
シルエットに影響せずに着られると思います。
個人的な採点は80点。ランニングコストはOK、この着心地がどこまで維持できるのかが
カギかなー。

以上3点、どれも使い勝手の良い品でした。

文責:K

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

K

Author:K
雑記ブログの管理人。
ゲーム、アニメや映画と
演劇、時事ニュース、
らくがき等など雑多な中から
気になったものを並べて
いきます。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索