深く静かに動きは早く
ゆるい視点でぬるい話題をピックアップ。見聞きした情報の取捨選択の様子を独断と偏見とぼやきで書き綴ってみる。
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



ピックアップショッピング

夏用アイテム~ダイエットまでいろいろ!

アパレル、DVD、靴、帽子までチェック!



プロフィール

K

Author:K
雑記ブログの管理人。
ゲーム、アニメや映画と
演劇、時事ニュース、
らくがき等など雑多な中から
気になったものを並べて
いきます。


K@管理人の好きな俳優さん達。
(順不同、敬称略):
イチオシ!→西川浩幸、
大泉洋、三上真史、きだつよし、
リチャード・ディーン・アンダーソン
ジャッキー・チェン、平野くんじ、
オダギリジョー、西ノ園達大、
工藤潤矢、小林愛、武藤晃子、
森貞文則、細見大輔、岩松了、
村松利史、沢村一樹、草野徹、
ジョニー・デップ、前田剛、
柴田恭兵、水谷豊、細川茂樹、
永作博美、ふせえり、光石研、
千葉真一、秋山奈々、高橋光臣、
菊地麻衣子、ドニー・イェン、
小手伸也、戸次重幸、神谷浩史、
中村知世etc…
まだ沢山います!



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



占い



カテゴリー



何が出るかな?

このブログから 導きだされる商品って どんなもの?



映画ランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



月別アーカイブ



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


言うなそれを!
はいどうもこんばんは、「深く静かに動きは早く」ですー。
今日のタイトルはハケンの品格での洋ちゃん演じる東海林さんが大前さんとの
やりとりで、「ストレートパーマはかけねぇぞ」「あ、一回やって失敗したんでしたね。」に
続く台詞ですー。
今日のタイトルは、記事に取り上げる題材につながります^^

今日は

注目の話題!
日々の述懐
気になるニュースピックアップ
恒例ブログめぐり

でお送りいたしますm(_ _)m




まずは注目の話題!から。

情報としては大分出遅れましたが…( ̄▽ ̄;

昨日の記事やこのブログのタイトルでもたくさん登場する洋ちゃんこと
大泉洋さん。

その大泉洋さんがハケンの品格以来、また連ドラ出演決定!

映画、舞台、ドラマ、声優、そしてバラエティとテレビ等の活躍の場を所狭しと飛び回る、
ローカルタレントと称するけどローカルでは収まらないこの男「大泉洋」が
また連ドラでキー局の放送に出てくれる!

嬉しいじゃないですか♪

オフィスCUEのHPでメディア出演情報をチェックしてみつけました^^

出演作品はフジテレビのドラマ「ワイルドママ」(仮)
2007年10月16日(火)スタート
毎週火曜 21時~


主演は上戸彩さん、洋ちゃん演じるのはその相手役の「川野哲」。
上戸さん演じるあゆを愛しながらも振り回される都会育ちのバツイチ美容師だそうです。
外ヅラはいいが実はだらしない小市民的存在………

なんて洋ちゃんが映えそうな役どころなのでしょう!(おいっ!)

多才だけど万能ではない、そんな魅力としての「隙」があるのが
洋ちゃんの輝ける「北のキラ☆」たる部分だと思うのですよ私は(笑)
他の方のイメージは違うかもしれませんが、水曜どうでしょうの行き当たりばったりや
ダマサレまくって連れ出される過酷な旅で発揮されるぼやきやホラ話、
人を楽しませようというサービス精神と自分の器のイメージを上げたり下げたりする言動、
そしてNACSでの舞台やTVでの活動、映画にも多種出たりする俳優としての顔、
「おにぎりあたためますか」や「ハナタレナックス」「ドラバラ鈴井の巣」などの
バラエティでの面白さ、そういういろんな顔を、しゃべりを、俳優という「大泉洋」が描き出す、
演じる芝居ににじみ出るように織り交ぜられる、織り込まれていくのが
見られるわけですよ。
コメディドラマということで、ある種水を得た魚のような洋ちゃんが見られるのか?!
田舎育ちのワイルドな母と都会育ちのだらしない父、そして突如育てることになった
子供とのドタバタ劇、これは

期待して10/16を待ちたいと思います♪

掲載ニュース:上戸彩がママになる!10・16フジ系「ワイルドママ」

関連情報:
かつみさんのブログを見ていて洋ちゃんが声を当てていたゲーム、
レイトン教授と悪魔の箱、レイトン教授シリーズ続編がでるというのが
取り上げられていました!
かつみさん情報ありがとう!文中リンクにて失礼をばm(_ _)m
レイトン教授と悪魔の箱(仮称) レイトン教授と悪魔の箱(仮称)
Nintendo DS ()


この商品の詳細を見る

レイトン教授と不思議な町(特典無し) レイトン教授と不思議な町(特典無し)
Nintendo DS (2007/02/15)
レベルファイブ

この商品の詳細を見る






日々の述懐

昨日の記事には的確なコメントを頂いたりと、私のような者(苦笑)にも
わざわざ忠告をしていただけるという環境があることにちょっと嬉しくなったのです^^
見ず知らずの誰とも知らぬ奴が書いている偏ったブログであっても、
客観視して良くないと思うところにコメントをしていただける、
これは実にあり難いことですよ!

見てみぬふりだったり、読んで「こいつはバカだ」と笑っていることだって多々あるでしょうし、
逆に罵倒コメント等ということだってあるこのブログというメディアにおいて、
苦言を呈するということは実はとても難しいものです。
自分のダメなところを指摘されたら大抵はカチンと来たり、真っ向から言い争ったりすることも
あるでしょうし、ネットでは消してしまう人もいたりします。
ただ火種をまくだけになってしまったり、衝突したりするだけでは言語という
コミュニケーションツールを持つ人間としての良い部分が消えてしまいかねないですからね^^

でも、「的を得ているな!」と少しでも思ったら、深呼吸して一旦離れて、
もう一度よく読んでみるのが良いと私は思っています^^
読んでみて、「あー、なるほどね、私の言い方、書き方だとそういう捉え方もあり、
こういう反感も招きかねないということか。」とか、「面白かったと思う部分を
その場の雰囲気が伝わりにくい文字媒体で部分的に省略したりまとめたりして
書くと、伝えきることが難しいニュアンスも多々あるな」と気付いたりとか。

そして、説明しちゃったら面白くないんだけど、説明しなきゃただの文句だったり
揚げ足取りみたいな話になってしまうということもあると。
萩本欽一氏のよく若手に言う「説明しちゃダメ」というのと同様、その場の
流れでわかるようにしなきゃだめですよね(苦笑)
大泉洋さんが昔番組で言った「それ感想じゃなくてただの悪口だろ(笑)」
というように、そう取られかねない書き方では話した当時の様子を表せてないわけです。
私が書く場合は私の視点という偏ったフィルターを通しているので、ブログタイトル下の
注釈にもあるとおり独断と偏見とぼやきで綴られているわけで、偉そうに書いたところで
たかが知れているライターなワケですよ(苦笑)
人様を批判するほどの大人物ではありえないながらも、ツッコミという形で
こんなことがあったのよ(笑)…的なものにまとめているわけで、私の中でも
主観から外れないものもあるにはありますがそればかりではいけないとももちろん思うのです。
いろんなことから学び、活かして行きたいものですよね^^
昨日の記事で言えば、注目点を書く側の私がうまく指定していないため、
大容量がいるかどうか、聴き方がどうとかが問題定義になってしまい、2.5ギガを
短時間でどうやって聴いてるの?→なんだそうなのか!が注目点だと
わかりにくくなってしまっている、というのが指摘で明確にわかったわけです。
文章というものはイントネーションやニュアンスが伝わらないから、
再現するには難しい媒体です(苦笑)
私の偏った視点とつたない文章力がそれに輪をかけていると^^;

人それぞれの受け取り方や感受性を大事に、読む側にも拾いやすく、そして自分が伝えたいことが
伝わる書き方ができるようになれたらいいですよね♪

前途多難だな…文才あればいいのだけどorz






気になるニュースピックアップ


親方あの義務は?朝青龍、宣戦布告か…国ぐるみで逃走

なかなかおさまりませんねこの話。どこまでいくのか…綺麗に纏まれば良いですが、
角界の常識とモンゴル人の考えとでバッサリと割れてしまうだけなんてことに
ならなければいいなと思います。
個人的にはここまでこじれたりするともう食傷気味なので、もういいよ
という気分になっていますけどね(苦笑)
これで横綱戻ってきました、となってもしっくりくるとは思えないのですがねぇ。




「暑くて配達嫌」と24通隠す=郵便局員を懲戒免職-愛媛(時事通信)

どうしてこう本末転倒な人がいっぱいいるのでしょうか…orz
民営化がといわれてそろそろというこの時期にま不祥事、この人個人の問題だけで
済ませないで何かしら手を打たないと今後は企業としてのイメージをもますます
下げることになりかねませんよねぇ…。
暑いから嫌になった…って、ただのサボり、職場放棄じゃないの;;




携帯メール、最も多い件名は「Re:」(ITmediaニュース)

私がメール返信するときは、一応タイトルも編集することが多いですねぇ。
そのままのときも無くは無いけれど、PC用やウェブメールだとRe:だけじゃ
削除対象ですからね、スパム同様に^^;
このあたりは、携帯ですから面倒さ加減によってのというところでしようね。




内閣支持率驚愕の18%…ポスト安倍に舛添浮上(夕刊フジ)

なるべくしてなった支持率だと思いますが、驚愕するような内容ですかねぇ?
ポスト安倍に舛添氏は、上がってきたというだけでそこにいきついちゃったら
大分大鉈どころか大冒険になる気がしなくも無いですが。
少なくとも庶民との軋轢は広がる可能性の方が大きくないか?(苦笑)





“忍者”少年3人組を窃盗などで逮捕――米国オレゴン州

アメリカらしい!なんておバカなニュースだ(苦笑)
ニンジャと表面だけのイメージで作ったものが広がっているからこその事件ですねぇ…。
忍ぶ者と書いて忍者ですよ…自分の行動をおおっぴらに開示して忍者って、
それこそ忍者がどういうものなのかわかってたら「バカじゃないの?」と
思う話ですよ^^;
よくまあこんな事件を少年達が引き起こしたものだと呆れてしまいますが、
これが忍者だから、「忍者」というものが注目されてしまいますけれど、
少年達が夜な夜な変装して屋根を伝い空き巣や窃盗を働いていた、とかけば
単純明快、ただの犯罪です。忍者出る幕無いじゃない、っていうくらいの。
小道具、衣装と行動が、少年たちの頭の中ではこういう姿になってしまったのねと
思うと、忍者というものの本質や背景とかがまったく伝わらず表面的なものだけ追いかけて
悪行を働くとは、残念な話でありますね。





恒例ブログめぐり~♪

高橋光臣さんは「ヘキサゴン!!」

ヘキサゴンⅡ出演…いろいろやらかしてきたようですが反省しきり。
個人としてではなくて番組出演者としての出演でどこかまだ孤軍奮闘感は薄いものの、
花君チームとしての姿は高校生役だからあれでいいんだという印象も無くは無い(笑)
実際は、あの番組の問題は7割は冷静だったら答えられそうなものがある気がするけれど、
あの場に立つとかわるんでしょうねー!





中村知世さんは「ゴメンなさいm(_ _)m」と「週刊ちせテレビ★vol.14」
ゴメンなさいm(_ _)m…は、一昨日告知したゴメンバー(違)アメンバーの認証が、
一部の方には不具合でできなくなっているのだとか。
現在はその対処のため、不公平さを失くすためすべての認証作業を執り行わないでいると
いうことなので、その「ゴメンなさいm(_ _)m」だったようです。
ふむふむ、新たに様々な情報発信形態としてメディアにあるものを活用していこうという
姿勢ですが、媒体側の不具合でちょっと躓いちゃったけどもう少し待ってね~ということですね^^
なんにしても様々な憶測を生んだり色々な受け取り手の感情により寄せられたコメントに
真摯に対応している姿は好感が持てます。
私も述懐で書きましたが、自分の思うとおりの情報発信は言葉が足りなくてもダメだから
非常に難しい、そういう苦労が伺える記事ですね!
そして「週刊ちせテレビ★vol.14」木曜更新ですから新たに配信してましたね~♪
ファッションチェックから愛犬のお話、好きな食べ物ベスト3について。
でも、食べ物1位は料理とかではなくていきなり素材だったのがすごい(笑)
インパクトありすぎてぽかんでした( ̄▽ ̄)
粉!こなですよ、すごいチョイスセンスに脱帽です(笑)



                         文責:K
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://giveahint.blog100.fc2.com/tb.php/200-c68b0c1d



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。