深く静かに動きは早く
ゆるい視点でぬるい話題をピックアップ。見聞きした情報の取捨選択の様子を独断と偏見とぼやきで書き綴ってみる。
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



ピックアップショッピング

夏用アイテム~ダイエットまでいろいろ!

アパレル、DVD、靴、帽子までチェック!



プロフィール

K

Author:K
雑記ブログの管理人。
ゲーム、アニメや映画と
演劇、時事ニュース、
らくがき等など雑多な中から
気になったものを並べて
いきます。


K@管理人の好きな俳優さん達。
(順不同、敬称略):
イチオシ!→西川浩幸、
大泉洋、三上真史、きだつよし、
リチャード・ディーン・アンダーソン
ジャッキー・チェン、平野くんじ、
オダギリジョー、西ノ園達大、
工藤潤矢、小林愛、武藤晃子、
森貞文則、細見大輔、岩松了、
村松利史、沢村一樹、草野徹、
ジョニー・デップ、前田剛、
柴田恭兵、水谷豊、細川茂樹、
永作博美、ふせえり、光石研、
千葉真一、秋山奈々、高橋光臣、
菊地麻衣子、ドニー・イェン、
小手伸也、戸次重幸、神谷浩史、
中村知世etc…
まだ沢山います!



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



占い



カテゴリー



何が出るかな?

このブログから 導きだされる商品って どんなもの?



映画ランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



月別アーカイブ



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


喰いタン2 第三話
すっかり元通りにもどったホームズエージェンシー。
食費による財政難まで元通り…だめじゃん(苦笑)

今回は、レストランで高野さんが出会う外国人旅行者のシケタさんを
とりまく環境によって引き起こされる、実はものすごく大きな事件。

シケタさんという名前、まさか健から来てたとは思いも寄りませんでしたが、
今回は母を訪ねて○千里…という世界のようなもの。

シケタさんの探すものは豚の角煮。昔食べた味の店を探しているという。
高野さんがホームズエージェンシーに連れてきたシケタさんの望みを
かなえようという。
お金はいただけるのか?という京子ちゃんに、困ってる人は助けてあげないとと
道徳心の塊みたいなことをいう高野さん。
食欲以外はとてもいい人なのですが、超絶変な個性だけあってどうみても
聖人というより唯我独尊という感じ(笑)
シケタさんは快く自国のお金を払う。お金も貰ったんだし角煮探すためにも
作ってみて情報を得ようという。

京子ちゃんが3種類の角煮を作る。その中で一番味が近い角煮は和風だが
食感が違うらしい。
さて…というところで警察側、桃ちゃんの方では王子が行方不明なったという
某国(忘れた…汗)の人が捜索を頼みにきている。日本に来たのは間違いないが…
ということで、五十嵐さんは写真もってホームズエージェンシーに。
シケタさんがその王子だと写真でわかり、今高野さんと共に居ると…

その頃高野さん、涼介くん、シケタさんの乗ったバスが銃撃される。
なぜ狙われているのかわからないがバスが停車してから避難する高野さんたち。
駆けつけた桃ちゃんはシケタ王子の居場所を聞くがいつのまにか居なくなっている。

シケタ王子を捜索する面々。高野さんの勘でシケタさんに追いつくと、
料亭で湯葉を食べる面々。豆腐は嫌いというシケタさん。だが湯葉の
食感は知っている…あることに気づく高野さん。そこに現れる狙撃犯達。
厨房から逃走しゴミ箱に隠れるというベタな展開。
そこに捨てられていた一寸法師の絵本を貰って良いかというシケタさん。

ホームズエージェンシーにシケタさんが何を求めて日本に来たのかを話してもらうことに。
母が日本人、国王の日本亡命時に生まれた自分は子供の頃日本に居たこと、
王位継承者がいなくなったことで自分が連れて行かれたこと、母がくれた家紋入りの箸と椀…
そこから一寸法師の説に繋がる…偉人さんにつれていかれた赤い靴の女の子の像を
山下公園で見たことや、食う困らぬようにすくすく育って欲しいと
箸と椀を贈るという高野さんの話を信じず、はじめくんの言う異説、
いつまでも育たない一寸法師を気味悪がり捨てたという話と一寸法師の
絵本からとてもさびしい話に…。

その後、事実はどうあれシケタさんの母親探しが始まり、はじめくんの記憶を
ヒントにすぐ見つかる。
店に行くと母とみられる女将さんは炊き出しにいっているという。
店で料理を食べさせてもらう高野さんと涼介くん。
美味い、素材が良いからか?という涼介くんに高野さんは板さんの
腕が良いからですと断言。
うなぎと思っていたものはうなぎではなく、もどき料理だったのだ。
別素材でそれらしく作る…精進料理の世界ですね。
そこにある角煮は、湯葉をもとに作ったものだった…。
これで謎は解けたわけだ。

シケタさんは危険ということでホームズエージェンシーに残っていたが
トイレと偽り一人その場所へ…。

狙撃犯が狙うその炊き出しの場所で、シケタさんは母に会う直前に胸を
撃ちぬかれる…。

王子が無くなった…と探しに来ていた某国の人は、クーデターを起こすため
王子を亡き者にするために母をえさに日本へおびき寄せ、殺したことで
即刻事を起こそうとする。
そこへ現れる喰いタン高野さん。
クーデターの策謀を言い当て、当事者と狙撃犯を追い詰めるが反撃にあう寸前に
銃撃する桃ちゃんと五十嵐さん。

やあ、威嚇射撃無しの連続発砲…すごい始末書の数だな(笑)

ともあれそこからはいつものノリ。だが、外交特権で逮捕はできないという。
だが、シケタ王子の命令で国の法で裁かれるという高野さんや桃ちゃん。
王子は死んだ、命令は出せないと言い張るところへ現れたのはシケタ王子。
死んでいなかったのだ。主犯を捕らえる桃ちゃんたち。


というか、あの距離で狙撃できるライフルで、胸狙って箸で玉が止まって
助かるって、どんな箸?(笑)というよりどんな弾で撃ったんだ( ̄▽ ̄;

母といわれている人物と会うシケタさん。
母がくれた箸が自分を救ってくれたと感謝を述べる。出したのは漆器の箸入れ。
やはり、ものすごい硬度なのか?(笑)

それはおいといて、シケタさんは思いのたけをぶつけるが息子は居ないという。
全てのシケタさんの話を否定し、シケタさんは来なければ良かったと涙を流す。


高野さんは母親に、真実はこうですね、と問いただす。
母の、王になるひとがそんなことではいけない、立派な王になるためにと突き放したこと。
お金で売ったといわれているが、王様から送られてきたお金は受け取らず
すべて送り返していることなども高野さんは調べていた。
そしてその母の本当の気持ちを察した上で、一つだけお願いをする。

そして後日。シケタさんがホームズエージャンシーに呼ばれ現れれる。
食事時ということで、出されたのは家紋入りの椀。

中は母が子供が嫌いなものも食べられるようにという母の願いから作られた
湯葉でできた角煮…おいしそうに食べるシケタさんは、店を教えてくれという。

再び母の元へ来たシケタさんは、泣いて分かれた前のときとは違い、
笑顔で美味しかったことを伝え、感謝を述べて店を後にする。

息子と離れてからもひと時も忘れずにいた母が心を押し殺して突き放した
息子は立派な大人になった。

気持ちがゆりうごかされ、走り去るシケタさんを乗せた車に深々とお辞儀をする母…。

息子のことを思わぬ母親はいない…という、切なくも暖かい話を
喰いタンの食欲でつづったお話でした。

感想。

ええはなしや~(TдT)というストーリーで、いまいち喰いタンのテンションと
ちょっと違う味のお話でした。
東山さんの食欲というか食いっぷりも凄くは見えない話しだし、「高野さんが
いい人」というのを前面に押し出した…というかそれしかない話でもある。

つまるところ、いい話なんだけど正直物足りない(笑)
もう少し、一騒動なり波乱や喰いどころがあってもよかったかな。

                             文責:K ボウケンブルー
スポンサーサイト

テーマ:喰いタン2 - ジャンル:テレビ・ラジオ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://giveahint.blog100.fc2.com/tb.php/29-3be2ec69



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。