深く静かに動きは早く
ゆるい視点でぬるい話題をピックアップ。見聞きした情報の取捨選択の様子を独断と偏見とぼやきで書き綴ってみる。
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



ピックアップショッピング

夏用アイテム~ダイエットまでいろいろ!

アパレル、DVD、靴、帽子までチェック!



プロフィール

K

Author:K
雑記ブログの管理人。
ゲーム、アニメや映画と
演劇、時事ニュース、
らくがき等など雑多な中から
気になったものを並べて
いきます。


K@管理人の好きな俳優さん達。
(順不同、敬称略):
イチオシ!→西川浩幸、
大泉洋、三上真史、きだつよし、
リチャード・ディーン・アンダーソン
ジャッキー・チェン、平野くんじ、
オダギリジョー、西ノ園達大、
工藤潤矢、小林愛、武藤晃子、
森貞文則、細見大輔、岩松了、
村松利史、沢村一樹、草野徹、
ジョニー・デップ、前田剛、
柴田恭兵、水谷豊、細川茂樹、
永作博美、ふせえり、光石研、
千葉真一、秋山奈々、高橋光臣、
菊地麻衣子、ドニー・イェン、
小手伸也、戸次重幸、神谷浩史、
中村知世etc…
まだ沢山います!



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



占い



カテゴリー



何が出るかな?

このブログから 導きだされる商品って どんなもの?



映画ランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



月別アーカイブ



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジューゴ
舞台を最初に見に行くようになったのは小堺さくんのおすましでSHOWだけど、
演劇で楽しいと思ったのはteam発砲・B・ZINの公演「パレット」に誘って
もらって、そこで自分の嗜好に合った、ヒーローを遊び倒すという面白い
アクションとコメディを見せていたこの劇団でした。

その劇団も15周年を迎え、ついに解散という選択をしたわけで、非常に
惜しまれますがそのteam発砲・B・ZINのラストシューティング、最終公演である
「ジューゴ」を見に行って来ました♪
070415_2048.jpg

まだ公演が4公演目ということで終わっていないので中身に関してはネタバレ
するので触れませんが、初めて発砲のビデオ・デ・ゴメンバーを見たときと
同じような、なんていうか熱くて懐かしいノリに戻ったような、そんな
心地よさに溢れた楽しく面白く、そして「大の大人が笑って泣けるヒーローもの」
というベースコンセプトを遊び倒している姿をたっぷり楽しませてもらいました。
なんといっても、コミカルさとアクションとの兼ね合い、それぞれの個性を
伴ったボケ、どれをとっても珠玉の名作といえる最終公演だと思います。
パンフやチラシのイラストには過去の作品のヒーローヒロインがちらほら
描かれていたり、舞台での予告編でもそんな雰囲気のものをやっていたので
もしかしたら一つくらいほんとに出てくるのかな?とか思っていましたが、
劇場の予告編はタイトルだけというのがセオリーですから、もちろん御多分に
漏れずすべて新作の新キャラクターのみでした。
各キャラクターも個性たっぷりで、だけど舞台が閉鎖的な設定である分
騒動がものすごく短期間でヒートアップもクールダウンもするという
スピーディな展開、理不尽な思考のキャラクターの暴走が拍車をかけるという
もうハチャメチャアクションコメディでした^^
クライマックスはきださんらしい○ン○○のオマージュでしたしね(笑)

発砲の飛び道具武藤さんのいかにもな発砲での芝居が、くんじさんの
頼りないとか間抜けとか濃すぎるとかいうキャラクターが、伊波さんの
ちょっと凄い押しのボディアクションが、西ノ園さんのスタイリッシュで
かっこいい演技やなんともいえないほどダメダメな役柄の時のギャップが、
工藤さんのアットホームなキャラとテンションの上がったハイトーンな時との
ギャップが、森貞さんの切れのいいアクションとちょっと意志の弱い系との
ギャップがある演技が、福田さんの妖艶だけど結局はついてない悪女や
かっこいい女っぷりが、大橋さんの若手なのに先輩を食う勢いやボケの
テンションが、小林さんの三十路女の哀愁なんてどこ吹く風のかっこよかったり
おとぼけだったりするヒロインが、きださんの小さいネタやアクションの
かっこよさが隠れるほどのツッコミとボケがもう見られなくなるのは本当に
残念です。ですが、あの楽しさを劇場で味あわせてくれたこの劇団を、
上演作品を私は忘れません。何度見てもすっごい楽しいものだから。

見にいけるならもっともっと見に行きたかった…時間が許さないので無理だけど…

平日のチケットはまだまだ余裕があるそうです。大の大人が笑って泣けるヒーロー…
というかSFというシチュエーションを、舞台と設定とテンポとアクションと
ボケとツッコミの妙で魅せるこの劇団の最終公演

「ジューゴ」

ぜひお勧めします。お時間がとれるみなさん、是非見に行ってみてください。
きっと満足して楽しんでこれると思いますよ!

上に貼った写真は買ってきたパンフと15周年記念DVDとおまけでついてきた
ゴメンバーのビデオとジューゴのTシャツです。
発砲カラーのイエローのジューゴTはちょっともったいないなぁ…。
後日ゴメンバーは見て感想を書きたいと思います。

                            文責:K
スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://giveahint.blog100.fc2.com/tb.php/3-3a916fb6



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。