深く静かに動きは早く
ゆるい視点でぬるい話題をピックアップ。見聞きした情報の取捨選択の様子を独断と偏見とぼやきで書き綴ってみる。
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



ピックアップショッピング

夏用アイテム~ダイエットまでいろいろ!

アパレル、DVD、靴、帽子までチェック!



プロフィール

K

Author:K
雑記ブログの管理人。
ゲーム、アニメや映画と
演劇、時事ニュース、
らくがき等など雑多な中から
気になったものを並べて
いきます。


K@管理人の好きな俳優さん達。
(順不同、敬称略):
イチオシ!→西川浩幸、
大泉洋、三上真史、きだつよし、
リチャード・ディーン・アンダーソン
ジャッキー・チェン、平野くんじ、
オダギリジョー、西ノ園達大、
工藤潤矢、小林愛、武藤晃子、
森貞文則、細見大輔、岩松了、
村松利史、沢村一樹、草野徹、
ジョニー・デップ、前田剛、
柴田恭兵、水谷豊、細川茂樹、
永作博美、ふせえり、光石研、
千葉真一、秋山奈々、高橋光臣、
菊地麻衣子、ドニー・イェン、
小手伸也、戸次重幸、神谷浩史、
中村知世etc…
まだ沢山います!



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



占い



カテゴリー



何が出るかな?

このブログから 導きだされる商品って どんなもの?



映画ランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



月別アーカイブ



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


映帯左右~統合版~ その八
まずはじめに、私はRMTに対して企業同様に反対の立場をとらせていただいております。
RMT業者のコメント、トラックバック等は即刻削除させていただきますのでご了承ください。

「信長の野望online破天の章~覇王伝参戦記録~」

信長の野望 Online ~破天の章~信長の野望 Online ~破天の章~
(2006/12/13)
Windows

商品詳細を見る

信長の野望Online ~破天の章~信長の野望Online ~破天の章~
(2006/12/13)
PlayStation2

商品詳細を見る


今回はちょっと真面目なお話。
久々にお正月休みの後半はゲームをして遊ぶくらいの時間も取れたので、ログインして
せっせと里キャラの育成を…と始めたのですが、週末に1stでログインして知行チェックしたり
俸禄もらったりしてると、その日は同盟国足利家の会議があったらしく、伊賀の議会が
現在議員がおらず機能していない休止状態のため国としての対応もはばかられる状況下で
足利家からは厳しいお話もいただいたようです。
そんな流れで座談会(会議ではありません。)として、窮状を憂う人たちがなにかできることは
ないかと模索するために話していた模様。その私設に呼ばれまして、しばしお話を拝聴して
おりました。足利家より、伊賀の援軍方針についての不満も出たようですね。
窮地に立たされた国にとって助けに期待するところは滅亡を知っている伊賀民ならよく
わかる話です。伊賀が最初に同盟依頼して断られた時のインパクトも結構なものが
ありましたし、約定を結ぶ前に同盟状態になった時に救援依頼をしたときに断られた時も
悲痛なるものがありました。最初の滅亡はなるべくしてなり、復興前から正式に同盟の
要請が受理された時には救われた思いがしたものです^^

これ、どこの国でもある話ではあるんですよねorz
現に伊賀でも起きている事態でもあります。

援軍を求める時は、自分達も援軍に行かなければ来てはくれない、そして自国民が
発奮しないかぎり援軍の志気は上がらないのはキャラクターの奥に人がいるゲームですから
当たり前の話なんですよね…。これは、むかーし議員していた頃にはあちこちで私も
話したことですが、これもいまや理解を得られるような話ではなくなり私も言うのを
やめましたし…。選択肢に自由さがある時点で実は難があるシステムなんですよね。
戦国「風」なんだから、仕官という言葉を使うなら義務を課してしまえばよかったのだと
いうのが私の持論なので、そうすれば基本的に国としての機能も必要となってくるものだと
いえるのですが、このゲームにはそれがない。プレイヤーにとっての損失が無い分、
国はおまけになっちゃってるんですよね。
直接プレイヤーに被害がない…それでは危機感を持っているプレイヤーと
そうでないプレイヤーの温度差はただ広がるだけなのですが…。

自国の合戦参戦率の低下する時期というのは戦が面白くないと感じたり一部の心無い
プレイによって気分を害してしまったりなど、オンラインにはよくある話。
そしてそれが招く弊害は、援軍参戦者の志気も削いでいるということ。
戦場に行っても自国の方が少ないと「やる気ないのかな?」と思われたり(思ったり)、
転生もままならない状況下で援軍が飛んでしまう状況が続くと、来てくれる人もだんだん
足が遠のくのもあるわけです。
そんななかでモチベーションをどう維持するか、所属PCに対し強制ではない合戦へどうやって
足を向けてもらうかが鍵となるわけです。なにしろ、合戦がまったく売りでは無くなって
しまっているのがこのゲームの現状ですからね。
それが伊賀にも、そして同盟国足利家にも同じように起きてしまっているのでしょう。

足利家は次週の戦で、伊賀忍は次の次の戦で滅亡の可能性が見えています。
所属民の団結が試される時でもあるわけですが、さて伊賀は復興戦を起こした頃のように
纏まったり、援軍に行って助力できるように連携したりできるようになるのでしょうか?
そして、伊賀は議会を再生させて国としてちゃんと回るようになるのか、同盟国との関係を
しっかりと取れないようでは、同盟国から何を言われても致し方ないと思えます。

と、多忙さだけでなくある思いがあってはるか以前に議員を辞した私が今更言う話でも
ないわけですが、一応現状こんな感じよ、というお話でしたm(_ _)m


そして、里キャラの方の育成に励んでいるわけでした。
現状争覇がくる30日以上前に仕官すれば、どの国で何があっても移籍自体はできるかな…
という想定でいます。低レベルのままで滅亡だと、大変ですからね^^;

稲荷面(yume)般若夢丸
スポンサーサイト

テーマ:信長の野望online~破天の章~ - ジャンル:オンラインゲーム


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://giveahint.blog100.fc2.com/tb.php/348-f28e88b7



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。