深く静かに動きは早く
ゆるい視点でぬるい話題をピックアップ。見聞きした情報の取捨選択の様子を独断と偏見とぼやきで書き綴ってみる。
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



ピックアップショッピング

夏用アイテム~ダイエットまでいろいろ!

アパレル、DVD、靴、帽子までチェック!



プロフィール

K

Author:K
雑記ブログの管理人。
ゲーム、アニメや映画と
演劇、時事ニュース、
らくがき等など雑多な中から
気になったものを並べて
いきます。


K@管理人の好きな俳優さん達。
(順不同、敬称略):
イチオシ!→西川浩幸、
大泉洋、三上真史、きだつよし、
リチャード・ディーン・アンダーソン
ジャッキー・チェン、平野くんじ、
オダギリジョー、西ノ園達大、
工藤潤矢、小林愛、武藤晃子、
森貞文則、細見大輔、岩松了、
村松利史、沢村一樹、草野徹、
ジョニー・デップ、前田剛、
柴田恭兵、水谷豊、細川茂樹、
永作博美、ふせえり、光石研、
千葉真一、秋山奈々、高橋光臣、
菊地麻衣子、ドニー・イェン、
小手伸也、戸次重幸、神谷浩史、
中村知世etc…
まだ沢山います!



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



占い



カテゴリー



何が出るかな?

このブログから 導きだされる商品って どんなもの?



映画ランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



月別アーカイブ



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


熱いね、野球は面白い!…見るのはね!!
はいどうもこんばんは、「深く静かに動きは早く」ですー。


今日はね、TVアニメーションの視聴感想なんですよ。


◆野球は熱い!ドラマがあるね♪


野球…プロ野球選手にあごがれる少年期を過ごした人には高校野球までの野球に触れる機会が

多かれ少なかれあったはず。実際にやった人も草野球で楽しむ人も。

そして、漫画やアニメーションの野球にも数多感化されてきたことだと思います。

今、おりしもサッカーW杯が行われている時期ですが、プロ野球の視聴率が下がったといわれる現在

ではスポーツ人気は?というとそこは違うジャンルで盛り上がりを見せているものがありますね。


第二期が放映されている「おおきく振りかぶって」です。

先日の放送では西浦ナインはついに夏大で敗れてしまいました。その最終回の攻防がまあ熱い!

扇の要を怪我で欠いた西浦は代役の練習を少しはしていたとはいえ急造の田島くんに

キャッチャーをまかせ、補欠だった西広くんが初めてプレイする…。

リードに悩む田島くん、今まで阿部くんに任せっきりだったことをここで知る三橋くんのバッテリーが

失点をしてるがなんとか終えた守備の後、最後の攻撃は…というお話でした。

カメラワーク…この場合はレイアウトで切り取った画面構成ですがこれが野球の面白さを

ついてくるんですよね。コンテの段階からやりたいことをつめこんであるのだとは思うのですが、

「野球はプレイするものor見るもの」 と思っている私にはこの「おお振り」の作り方はとても

頭が下がります。



だって、こんな感じて作ってたら絶対大変だもの^^;



ここからは裏で感想を述べたいと思います。

おおきく振りかぶって ~夏の大会編~1 【完全生産限定版】 [DVD]おおきく振りかぶって ~夏の大会編~1 【完全生産限定版】 [DVD]
(2010/06/23)
中村悠一代永 翼

商品詳細を見る

夏空夏空
(2010/06/09)
Galileo Galilei

商品詳細を見る


野球のプレイ中の動きもそうだけど、静から動へ移ったらあとは動きっぱなしなんですよね。

それをアニメーションでやるとなると野球そのもののアクションが必要になる。

けれど絵描きさんはすべてが野球を知ってたり、プレイできるわけじゃないから、知らないものも

描かなきゃいけない。聞くところによればそこででてくるのがこの作品では野球作監とよばれる

野球のアクションをコーディネイトする作画監督さん。この方が上がってきたアクションレイアウトに

野球らしいフォームやタイミングに必要な絵を修正で入れていき、それに作画監督さんが

キャラクター修正を入れる。

その後担当原画さんにもどり原画にする…という手順がとられているようです。






道理でリアルな野球の動きをするわけですね!






視聴者としてはすごいなーとしか言いようがないんですけど、もし作る側の状況を考えると…


これには一つ問題があるんですよね。



とにかく時間と手間がかかること。




まず、スケジュール自体が今のアニメーション作品では当然短いスパンで作っているだろうということ。

どんなに時間があったとしてもせいぜい通常時より二週間もながければ良い方でしょうしね(苦笑)

野球(アクション)作監さんのところには全話数で通るとこでの仕事の詰まりが起こりうるでしょうし、

そこで数多書き込まれたり書き足されたりする部分を含め作画監督さんが修正を入れる…という作業が

とにかく詰まりやすくなる、そうするとそこを片付けないと原画にならないのでそこに人員投入と

いうことで作画監督や補佐がつぎ込まれ、さらにはそこででた時間の遅れを取り戻すために

原画作業も当然担当者だけでは終わらなくなるので第二原画というフォローが入るため原画にも

人員投入…これがもともと想定されていた人員で投入されていたならはじめからハイコスト作品と

なるのでしょうが、どんな人気作品でも制作費的にとても高価とはいえない予算で作られている

わけですから、間に合わせるために必死で人員をかき集めたりお願いしたりというのもでてくると

予想されます。そして、野球を知っている人たちや細かなディティールを描くのに長けた人たち

ばかりを集めるのはたぶん大変…困難が予想されること。

これらを考えると、エンドテロップに流れる製作に携わったアニメーターさんたちの数々が

「いいもの作るために金かけて集めた」ではなくて、「予算から予想されるものよりさらにいいものを

作ろうとする作り手がとにかく乗り切ろうとしてとった手段」というのが垣間見えて、

本当にお疲れ様でしたと頭が下がるのですm(_ _)m


見て感動したり目頭が熱くなる物語を作ってくれるクリエイターさんたちに感謝しつつ、

また来週からの放送も楽しみに待ちたいと思います♪


文責:K


スポンサーサイト

テーマ:おおきく振りかぶって - ジャンル:アニメ・コミック


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://giveahint.blog100.fc2.com/tb.php/677-216aff52



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。