深く静かに動きは早く
ゆるい視点でぬるい話題をピックアップ。見聞きした情報の取捨選択の様子を独断と偏見とぼやきで書き綴ってみる。
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



ピックアップショッピング

夏用アイテム~ダイエットまでいろいろ!

アパレル、DVD、靴、帽子までチェック!



プロフィール

K

Author:K
雑記ブログの管理人。
ゲーム、アニメや映画と
演劇、時事ニュース、
らくがき等など雑多な中から
気になったものを並べて
いきます。


K@管理人の好きな俳優さん達。
(順不同、敬称略):
イチオシ!→西川浩幸、
大泉洋、三上真史、きだつよし、
リチャード・ディーン・アンダーソン
ジャッキー・チェン、平野くんじ、
オダギリジョー、西ノ園達大、
工藤潤矢、小林愛、武藤晃子、
森貞文則、細見大輔、岩松了、
村松利史、沢村一樹、草野徹、
ジョニー・デップ、前田剛、
柴田恭兵、水谷豊、細川茂樹、
永作博美、ふせえり、光石研、
千葉真一、秋山奈々、高橋光臣、
菊地麻衣子、ドニー・イェン、
小手伸也、戸次重幸、神谷浩史、
中村知世etc…
まだ沢山います!



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



占い



カテゴリー



何が出るかな?

このブログから 導きだされる商品って どんなもの?



映画ランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



月別アーカイブ



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


改めてちょっと思うところを書いてみる。
はいどうもこんばんは、「深く静かに動きは早く」です。


今日、世間で大分話題となっていた都の青少年健全育成条例が可決されましたね。

来年4月より施行ということですが、今までこの件にはコメントはしなかったのですが

ちょっとだけ思うところを書いておきます。

戯言と読み流していただいてかまいませんm(_ _)m


私は規制そのものに反対、というのではないのですよね。

本当に子供に見せるべきではない、というものなら明確な規制があっていい、とすら

思っています。それを踏まえても今回の条例は正直「杜撰」というべきものだと考えています。


ただ漫画やアニメを目の敵にして規制規制と言っているのも間違いだと思うんですよね。

本当に性犯罪を助長するような漫画やアニメが子供が常に手を取るところにあるか、

見る時間にやっているかといえばそれも違うと思います、どう考えても。

それよりも実写を除く点が意味がわからない。ネットにあふれかえっている性描写は

漫画アニメに比べても実写のほうがよほど簡単に目に付くわけですし。


たまたま犯罪を犯した人の趣味がそうだったらすべてそれが悪いもの…とするのも

おかしな話。その人が好きで見ていたものは犯罪を助長する作品なのか?といえば

何万もの人が同じように見ていても別に犯罪を犯したりはしていないわけですよ。

ちゃんと悪いことは悪いと理解し、理性を持って行動できているからですね。

つまるところ見てたものが悪いんじゃなくて、その人がそういう風に育ってしまったこと、

育ててしまった人や環境にもっと注視すべきな気がします。


私の親は曲がったことが嫌いで一本筋が通った人です。だからこそ悪いことをすれば

怒り、叱り、教育してくれました。私は漫画もアニメも好きですからよく見ますが

物語は物語ととらえてみますし、もちろん犯罪のシーンでは緊張したり嫌悪したりと

ストーリーの展開の抑揚はとらえても犯罪をしたいとは思いません。

要はちゃんとした指導と教育が出来ていればそういう作品を見ても問題定義や

善悪の判断をしっかりした上で見られるわけです。

子供の頃から性犯罪の漫画を見るかといえば見ないですよ…見てたら仮面ライダーや

戦隊ヒーロー、プリキュアがああんなに人気番組ではないはずです。そんな幼少期に

勧善懲悪を形だけでも見聞きし、学童となるころには周囲にしっかりと創作作品と

現実とを理解し説明してくれる親兄弟、先生がいる…それが一番大事だと思うんです。

少年期にしっかりと理性的に考える姿勢と道徳を学び、欲望にのみとらわれない思考を

育められれば、決して思春期に欲望だけで行動し犯罪に手を染めるような状況には

ならないと思うのですが…。中高生のときにクライムストーリーや映画も、小説も、

実写、漫画、アニメといろいろ目にしてきましたが、犯罪を犯したいとは思いませんでしたよ。

現に私にはそういうことをちゃんと指導してくれる親と先生達がいましたから、今も

道を踏み外さない大人でいると思っています。


今回の規制は、モンスターペアレントなんていうものが生まれる現代のような、

いわば「親も教育者側も指導力が無いことを露呈して、自分たちがしっかり育てられないから

なんでも法で縛って、駄目な自分たちの代わりに教育してくれ。」と言わんばかりの

条例が可決されたんではないかと思っています。


恥ずかしいかぎりですね。


条例の文章も見ましたけど、あれではお粗末極まりないとしか言えないですよ…どこも

明確な線引きがなくていくらでも規制の幅を広げていけるようなものでは駄目でしょう。

物語の中ではたとえば「いけないことなんだ、だから劣悪なものに傷つけられても

立ち上がろうとする姿を描く」というようなものも出てくるはず。しかしその描写は視点や

手法が違えば見る側のイメージも変わるもの…ほんとうに面白い物語や、

強いメッセージ性が犯罪を助長するような意味ではなくても受け取り手の視点次第で

規制できる法なんて、悪法でしかないでしょうに…。


大多数が見聞きしても犯罪に手を染めたりはしないことから考えれば、そもそも指導する側の

責任放棄を度外視して法の制定だけを急ぐやり方に憤りと不信感を抱いたものです。


今回、可決した条例を制定した側の人は、もちろん規制すべきものがあることも考慮に入れて

おかねばいけませんが、自分の指導力の無さを認めてしまっていないかよく考えたほうが

いいでしょうね。これが本当に施行されたときに、自分の好きなものが

言いがかりによって規制され見れなくなることがある可能性をもっと自覚するべきだと

私個人は思います。

そして今日、都知事は話し合いの場すら持たせようとせずに退けてきて、反対派の意見にも

耳も貸さなかったことには一切触れず、納得がいかないとアニメフェアをボイコットすると

発表した出版社に対し「来年ほえ面かいて来るよ」「ずっと来なくてもいいよ」と言って

しまいましたね。

この方は人の上に立つべき人ではなかったのではないかと思えてなりません…非常に残念です。


長くなりましたが、随分恥ずかしい条例が可決されたものだ…と思い、述懐させていただきました。

お見苦しい文章で失礼いたしました。



文責:K
スポンサーサイト

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://giveahint.blog100.fc2.com/tb.php/752-04f30056



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。