深く静かに動きは早く
ゆるい視点でぬるい話題をピックアップ。見聞きした情報の取捨選択の様子を独断と偏見とぼやきで書き綴ってみる。
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



ピックアップショッピング

夏用アイテム~ダイエットまでいろいろ!

アパレル、DVD、靴、帽子までチェック!



プロフィール

K

Author:K
雑記ブログの管理人。
ゲーム、アニメや映画と
演劇、時事ニュース、
らくがき等など雑多な中から
気になったものを並べて
いきます。


K@管理人の好きな俳優さん達。
(順不同、敬称略):
イチオシ!→西川浩幸、
大泉洋、三上真史、きだつよし、
リチャード・ディーン・アンダーソン
ジャッキー・チェン、平野くんじ、
オダギリジョー、西ノ園達大、
工藤潤矢、小林愛、武藤晃子、
森貞文則、細見大輔、岩松了、
村松利史、沢村一樹、草野徹、
ジョニー・デップ、前田剛、
柴田恭兵、水谷豊、細川茂樹、
永作博美、ふせえり、光石研、
千葉真一、秋山奈々、高橋光臣、
菊地麻衣子、ドニー・イェン、
小手伸也、戸次重幸、神谷浩史、
中村知世etc…
まだ沢山います!



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



占い



カテゴリー



何が出るかな?

このブログから 導きだされる商品って どんなもの?



映画ランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



月別アーカイブ



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【真面目に】今何が必要で何ができるのか、何をしなければいけないのか?【述懐】
はいどうもこんにちは、「深く静かに動きは早く」です。


東日本大震災以後、初めてブログを書こうと思ったのは、数多流れるニュースや会見、

懸命に救助にあたっている方々や被災地で必至で生きている被災者、事故をなんとか

最小限に抑えるため命がけでやっている原発関係者、自衛隊、消防官、警察官の

方々の努力に頭が下がる思いです。その努力に対し、すべての努力を政府がしているのか、

行政がしているのかがとても気になったので、非常時に政治批判は無意味だと思いなにも

言わずにいましたが、これは災害が落ち着いた後に言い出しても決して改善されないのは

関西の大震災後の教訓がはたしてどこまで生かされていたのか…ということからも明らか…。

今苦しんでいる人たちのことを考えたら、平時と非常時の行政、法律、そして対策に落ち度が

ないのかを明確にしておき、危機回避と復興とがなされた時は今後のためにも忘れずに

居るために記しておこうと考えたからです。


批判的な文章になったりします。危機感ばかりを煽ることになってもよくないので、

あくまでも今回の災害の被害が収まった後、復興に向かって成果をだせた後のためのメモと

思える方は続きに目を通して考えてみてください。私などよりもっとよい考え方が出来る方が

たくさん居ることと思いますので。




枝野官房長官がすっかり他国メディアからは総理と思われているほどの会見数となり、

総理大臣のやることがすべて反感を買いそうなほど間が悪いものばかりなことに苛立ちを

感じている人が相当数いるようです。かく言う私もその一人ですが…。

緊急時に平時の法律ですべてが賄えるはずもなく、臨機応変な対応が居るのにもかかわらず

後手後手にまわり続ける…米軍が規制を破ってまで着陸し物資を運び、空港を直そうとして

くれたことに、法と安全の面からは正しい批判をしたとしてもその場に居る被災者には

なにが力になるか、どれが正義がは一目瞭然…。そしてその批判をしたのがボランティア担当の

議員…過去、関西大震災で問題行動をした議員さんでした。まずこの人事にも疑問しか残らない。

そして原発事故に対し総理のパフォーマンスのために即時行動できなかったことでどんどん悪化する

状況、そこで自分が矢面に立ってやると言っても誰も総理に信頼を寄せられません。

ましてなんの対策も打てない無策っぷりとは裏腹に誰かに対応を振り分けねばと必至なのか

入閣打診の数々…大臣が山ほど要るんじゃない、対策できる行政部門が必要なんだと。

仕分けで無くなった災害対策費、それを振り分けた子供手当てを再度見直し災害対策に

あてる…少しでも無駄を省くはずが省いた無駄以上に無駄が生じてしまった今回の災害。

その危機感の無さを露呈した人が節電担当大臣…またしても反感しか買わないような人事。

都内のコンビニを視察する意味はありません。買占め、買いだめを指摘する前に、

そこまでの努力でかき集めた物資を被災地に運ばないとかありえません。

電池や薬を何とかする方法をちゃんとしろと…。そして、節電対策を本当にするなら

もっと正確な情報開示と効率的対策を電力会社とともに練らなきゃだめでしょう。

国民全てにわかりやすくする必要はないと思うんです。難しくても提示することで

理解する人はいる。噛み砕いて説明する人もいる。理解しようと学ぶ人もいる。

そうした努力で私たちは自分たちに出来ることと身の安全の確保にあたるわけです。

パニックを起こさせないために伏せているというなら、それは物と場合によります。

現在の報道と会見がどれだけ不安をあおり、無駄な行動に出させているかはガソリンの件、

カップ麺やトイレットペーパーの買占めなどではっきり出ているわけです。

不安にさせないために懸命に安全をアピールするはずが、どんどん不安を煽る結果に

なっている…これほどの不祥事は非常時におこしちゃまずいと思うんです。

行政側にも数多の制約があったり、あちらを立てればこちらが…というのもたくさんあると

思います。ですが、この非常時に非常時という緊張感がないと東電に怒った総理も、

国民からしたらパフォーマンスのために国民の命を天秤にかけた緊張感の無さを露呈したと、

呆れるほどの無能っぷりを示しているとしか感じられない人もたくさんいるのです。

「被災地に運んだガソリンを貯蔵できる場所がないからプールに入れておくことはできないか」

などという、議論の以前の問題を検討している民主党議員がいたり、もはや死地に赴く覚悟で

国民のため、状況改善のために原発に放水に向かったハイパーレスキューの隊員に

速やかに実施しなければ処分する」とか

俺たちの指示に従えないのならお前らやめさせてやる」の発言もあったとか、

間に連絡員がいたとしてもそんなことを言ってしまう経済産業相とか、どの面下げて決死の

覚悟で人のためにと働いてくれている消防官に安全なところから意味不明なことを言ってるのか

わからないです。後日謝罪会見をすればいいというものではありません。

頑張っていることで評価されている枝野官房長官でさえ、計画停電を調整しながら

政治主導でよくやっていると自画自賛してしまう…よくやっているのは現場と国民であって

政治主導で計画が遅れ、発表が遅れ、告知が遅れて混乱を招き、結局のところ政治主導で

良かったところなどどこも国民は感じられないです。

なにより、被災地の避難所では物資が届くようになった場所からあまり届かない避難所へ

被災者の方たちが自分たちで協力し合って物資を分けたりしていたり、仮設住宅を

建て始めたりと生活するために「行政に、政治に頼らない」で自力で切り開くという

自己努力を団結して見せていたりする…そこに政治主導に対する恩恵を待って生活する

人がいるようには思えません。感謝の割合が100%政治には向かないのも明白な有様です。

震災の対策会合議事録では岡田幹事長は会合の時間のみにこだわり、内容よりも終らせることを

優先させたり、本当か嘘かその後の予定が視察であってジョークがでたとか、この場合は

不謹慎とかの範囲を超えてもっと実益のある実務ができないものかとすら思えます。

人としてやって良いことと悪いこと、言って良い事と言ってはいけない事、そして行政側が

してはいけないことがあるはずです。もう内閣ごっことか与党ごっこはこの非常時に要りません。

どれほど懸命に数々の対策をしていたとしても、大きな失敗を一つ二つとやらかしてしまったら

それらの積み上げた努力や改善策が水の泡になるのが本当に目の前のニュースで流れているのを

みると、一刻も早くこの災害を出来うる範囲で最小被害に抑え、復興を目指し、

平時の能臣の仮面を被った非常時の無能を下ろして行政を刷新していかなければ、国としても

問題なんだというのを頭の隅にしっかり記憶した上で、今の私たちにできる復興支援と

自分たちが生きるための自己努力に邁進するしかないんだと私は思います。


今指摘して言うべきことではないとは思っています。ですが忘れていいことではないんです。

なので、忘れないためにメモとして記しておこうと思います。

私たちは命がけで今の生活を守ってくれている人に感謝しないといけません。

願わくばその命がけの努力をしている方々を行政の頂点が足を引っ張ることのないように

してほしい、ただそれだけです。


一刻も早い諸問題に対する対策がなされることを祈っています。


文責:K
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://giveahint.blog100.fc2.com/tb.php/763-de3ec2d3



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。