深く静かに動きは早く
ゆるい視点でぬるい話題をピックアップ。見聞きした情報の取捨選択の様子を独断と偏見とぼやきで書き綴ってみる。
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



ピックアップショッピング

夏用アイテム~ダイエットまでいろいろ!

アパレル、DVD、靴、帽子までチェック!



プロフィール

K

Author:K
雑記ブログの管理人。
ゲーム、アニメや映画と
演劇、時事ニュース、
らくがき等など雑多な中から
気になったものを並べて
いきます。


K@管理人の好きな俳優さん達。
(順不同、敬称略):
イチオシ!→西川浩幸、
大泉洋、三上真史、きだつよし、
リチャード・ディーン・アンダーソン
ジャッキー・チェン、平野くんじ、
オダギリジョー、西ノ園達大、
工藤潤矢、小林愛、武藤晃子、
森貞文則、細見大輔、岩松了、
村松利史、沢村一樹、草野徹、
ジョニー・デップ、前田剛、
柴田恭兵、水谷豊、細川茂樹、
永作博美、ふせえり、光石研、
千葉真一、秋山奈々、高橋光臣、
菊地麻衣子、ドニー・イェン、
小手伸也、戸次重幸、神谷浩史、
中村知世etc…
まだ沢山います!



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



占い



カテゴリー



何が出るかな?

このブログから 導きだされる商品って どんなもの?



映画ランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



月別アーカイブ



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


考えるのが好きだから
どんな事柄でも、興味が引かれる部分が少なからずあるような気がするのは、

本題一つで構成された事象ばかりではないからなのではないかと思ったりするから。

ちょっと本筋を外れた雑多な部分に、視点や視線を向けるとつまらないことも

楽しくなるような気がします^^




今日の誕生花はベルガモットだそうです。無論一つでは無い様なので他にも

紫露草などがあるみたいです。

ベルガモット、耳なじみがある人も多い気がしますが、花としてだと浮かびません。どんな花なのかな?

私個人的にだと、ベルガモットといって浮かぶのは紅茶と香水。

ベルガモットの果皮から精油して得られるものが香料として使われているからですね。

有名なのはアールグレイ。もちろん私も好きな紅茶です。この紅茶の着香に

ベルガモットの精油が使用されているからあの香りになるわけですね^^

そして香水。有名どころのブルガリブラックやカルバンクラインシーケーワンなどにも

使われていますね。

昨今夏場の流行でもあるシトラス系…といえは柑橘類の香りは爽やかさや

涼しげな雰囲気には必須…ということで、オレンジフラワーやレモン、グレープフルーツといった

そのものの香りも沢山ありますが、爽やかなだけでなく柔らかく香るものも

良いものです^^





さて、そんな爽やかな話題の後に書くのもちょっと…ですが、これは由々しき問題に

なっているのではないかと思うのですが…。

Kみたいですが今日見たニュース。

パソコン取り上げられ…、中3男子コンビニ強盗

ものすごく短絡的且つ後先を考えない行動が目立つ事件が頻発しすぎている気がするのですが。

親の価値観を押し付けすぎるのも問題ではありますが、取り上げられる前に

なにかしら注意は受けているはずなのに自己の我儘のみで遊び続けたから

招いた事態に対し困らせてやろうなんて浅はかにもほどがあるような…。

のちのち自分が困ることになるという判断も出来ない年ではないと思うのですが、

小~中学といえばものの判断の基準や善悪の判断、社会生活というものの

基礎を身に着ける段階、その間に何を学んできたのだろうか?と少し呆れて

かなり驚いています。私の世代ではあり得ないような思考です。

昔は良かったなんて言いませんが、今の教育という部分で、学校も家庭も、

昔は普通だったことが出来なくなっているのではないかと思えます。

こういう時代だからこそ必要な何かがあるのでしょうね…。

世紀末を過ぎて7年目となりますが、状況は10年前にささやかれた世紀末そのものに

近づいているのではとすら思えます…。

このニュースの関連記事としてピックアップされているものが記事の下にありますが

atamaitainews.jpg

このタイトルだけ見ると、ものすごく荒んだ社会と受け取れますよねぇ。

法治国家の法に抵触する行動を平気でとる、犯罪に手を染めることに年齢を

問うのはおかしいかもしれないけれど、事件を起こす犯人の低年齢化が

とても悲しく思えるのです…親が親らしくない人もいっぱいですしねぇ…。

住宅系のCMで、「叱ってくれる人がいるっていいことなんじゃないか?」なんて

言っている時点で、そうとう厳しい状況だと気付かされます…。

青少年と呼ばれる時期を過ごす世代には、明るく楽しい社会生活を目指して欲しいですよね。

(text by easy)
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://giveahint.blog100.fc2.com/tb.php/94-338b7a53



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。